• ソリューションアーキテクト エンタープライズ (金融業界担当) / Solutions Architect Financial Service Industry

    勤務地 JP-Tokyo
    掲載日 2 months ago(2018-11-05 15:17)
    Job ID
    742238
    Company
    Amazon Web Services Japan KK
    Company/Location (search) : Country (Full Name)
    Japan
  • Job Description

    クラウドとスマートフォンの普及からFinTech企業が台頭し、金融のデジタルトランスフォーメーションが加速しています。大手金融機関がAWSクラウド利用を発表し、その利用はFinTechのみならず、情報系から基幹系・勘定系に広がっています。

    ソリューションアーキテクト(金融業界担当)のポジションは、この金融業界の変革の中で、AWSとビジネスレベルで協業を進めている大手フィナンシャルグループをはじめ、銀行、信託、証券、生損保、カード、リースなどフィナンシャルサービスのお客様を担当するポジションです。既存業務のクラウドへのITトランスフォーメーションに加えて、Open API、ボイスバンキング、次世代コンタクトセンターなどのチャネル改革、機械学習を使った新規ビジネス、イノベーティブなUI/UX、データ活用など、お客様のチャレンジに対して、AWSの100を超えるサービスを組み合わせ、アーキテクティングしその実現を支えます。

    またソリューションアーキテクト(金融業界担当)のポジションは、お客様との長期的な関係を大切にします。アカウントチームの中では担当顧客の最高技術責任者として、アカウントマネージャー、AWSの個別サービスを担当するスペシャリストSA、事業開発、サポートチームと一緒に仕事をし、大手金融機関のIT部門、デジタルイノベーション部門、ビジネス部門、そして大手フィナンシャルグループ傘下の各種金融機関の技術パートナーとなり、お客様のクラウド戦略、イノベーションのための技術選定に関与します。


    Roles & Responsibilities

    • 日本の金融機関の技術パートナーとしてお客様のクラウドジャーニーを支援
    • お客様のイノベーティブな取り組みに対するアーキテクティング
    • 既存の金融システムのクラウドマイグレーションに対する技術的な課題の解決
    • ニューヨークのGlobal Financial Serviceチームと連携し海外の事例やフレームワークを日本で利用
    • 数社の担当顧客に対してアカウントチーム内の最高技術責任者として営業、Professonal Service、サービスのスペシャリストSA、事業開発とともに活動
    • 日本を代表する金融機関を担当する立場として、その先進的な取り組みを社内外にクラウド活用を発信
    • 社内ではお客様の声をサービスチームにフィードバックしAWSのサービスの継続的な改善に貢献

    Basic Qualifications

    • お客様との的確なコミュニケーションができる能力、また高度な技術を平易な言葉で説明できる能力
    • エンタープライズ企業向けに、プリセールス、アプリケーション開発、インフラストラクチャ構築のいずれかを5年以上経験
    • お客様のデジタル・トランスフォーメーションを支えるパートナーであることに対する熱意
    • 日々進化するクラウド技術を継続的に学んでいくための好奇心と学習の習慣
    • 金融やEnterprise ITの未来像に対して自分の考えを持っていること
    • Linux、Windows、サーバー、ストレージ、ネットワーク、データベース、ミドルウエア、プログラミング言語、フレームワーク、開発方法論などシステム構築のための基礎知識(全て網羅的でいなくても可)
    • 英語でメールやマニュアルを読めること

    Preferred Qualifications

    • 金融機関において、もしくは金融機関をお客様としたプロジェクト経験
    • ベンダー企業または大手システムインテグレーターでのアーキテクトやコンサルタント経験
    • 銀行、証券、生損保などの業務や金融業界の知識
    #aws-jp-sa-ap
    #AWSJAPAN
    Sorry the Share function is not working properly at this moment. Please refresh the page and try again later.
    ジョブを共有する